• 還元型の被災地支援 『水から復興プロジェクト』でお米づくりを開始いたしました。

    2018.4.16

     

    プレミアムウォーターは、2年前に発生した熊本地震の復興寄与を目指し、『水から復興プロジェクト』と題した独自の支援活動を展開しています。
    今年はその一環として、プレミアムウォーターの採水地でもある被災地の南阿蘇村に「被災者の方々にとって何か役立つことはないか」と支援の形を模索し、『今なお仮設住宅で過ごされている方々へお米の贈与をしよう』という結論となった為、復興支援用としてお米の苗を購入し、採水工場がある山梨県富士吉田市の水田で栽培を開始いたします。

    プレミアムウォーターの採水地が育む自然の力を介し、被災地である南阿蘇に「食の支援」という形で還元したいという想いの中、今年10月に予定しているお米の贈与に向けて活動を続けてまいります。

     

     

     

    ■「地域の自然を活かして、被災地に還元したい」プレミアムウォーターが復興支援に取り組む理由
    プレミアムウォーターが展開する天然水宅配サービスでは、「美味しさ・栄養成分・品質」に高い基準を求め、厳選された国内3ヶ所の採水地から新鮮な天然水を提供しています。その内の1つ、日本名水百選にも選ばれている「熊本県 南阿蘇村」の天然水は、大自然が育む森林土壌のフィルターで不純物が取り除かれた自然ろ過による清らかな品質と評され、貴重な資源・地元の名産として親しまれています。
    その南阿蘇村も、熊本地震で被災した地域の一部です。プレミアムウォーターは天然水の提供チャネルとして水源開発から携わるこの地に、“自らの事業を通じた復興支援の形がないか”模索し、昨年は現地での様々な活動を行ってきました。
    そして今年、震災から2年が経とうとする今も支援を必要としている現実を受け、更なる支援と震災を風化させないことを目指した活動を行っています。

     

     

    ■昨年の南阿蘇での活動について
    プレミアムウォーターの採水地でもある南阿蘇の天然水は、安全であることに加え、その豊富な地下水量は世界一とも言われています。
    その南阿蘇の自然から育まれた地下水を、「この先もずっと残していきたい、そして同じこの南阿蘇の天然水で育ったお米をその土地の天然水で炊き、そのおいしさを多くの皆さんと共有したい」という想いから、契約者様を招待して「田植え」と「稲刈り」のイベントを行ってまいりました。
    プレミアムウォーターが支援している南阿蘇の水田では一年中お水を溜める農法でお米を栽培しています。水田で収穫したお米を食べていただくことも地下水保全活動となっています。